簡単「本格おだし」:簡単でもグルメな料理レシピ

日本のお料理の根本!お味噌汁、まずはしっかりとでも簡単に「おだし」

近頃は、女性も社会進出が進み、本当に誰もが忙しくなってきていて、
主婦であっても、パートやらなにやらで忙しく、
お味噌汁を作らないという家庭は多いみたいですね。

一昔前と違い、昨今では、相当技術が進んでいるようで、
インスタントやフリーズドライのお味噌汁でも、
美味しいものがたくさん出回る時代ですね。
でも、そうしたレトルトや即席のお味噌汁は、
やっぱり具がさみしい感じがいなめませんよね。
まあ、個食の時代ですから、
ご飯とか主たる食材は買ってきたお弁当やお総菜であったとしても、
お味噌汁は日本食の根本。
そこにあるお味噌汁が手作りで、
具もしっかり入ってその香りをたたえてくれていれば、
何だかほっとできますし、必要な野菜類もちゃんとたくさん摂れますね。

でも、お味噌汁って「おだし」とかめんどいしー。。
そうですね。^^)。
でも、あまり難しく考えずに、毎日どんどん作って、
作るのが当たり前にしちゃいましょう。

おだしを取るのがどうしても面倒なら
顆粒タイプのかつおだしでもいいんです少し昆布茶の素を足すと、それだけでびつくりのお味に)。
もし、インスタントだしの塩分が気になるなら、
普通の市販のだしパックを使いましょう。
かつお節や昆布などがパッキングされてるから、
だいたいどれもお鍋に入れて5~6分煮出すだけ
私の場合はお茶のパックにかつお節と小さく切った昆布をギュギュっと詰めて、同じように煮出しております^^)。

先達のお言葉集によく
「昆布はお水から」とか、
「かつお節は入れてからすぐ火を止める」とかとか言われておりますが、
そこはそこ、
家庭料理ですもん、毎日いただくお味噌汁ですもん、
そんなことは気にしないでまずは、作っちゃいましょう。

「ためしてガッテン」の「だし」

NHK「ためしてガッテン」の煮干しのおだしはホントに簡単。

お料理歴ン十年の私ですが、
以前から、
お味噌汁のだしに、ちゃんと煮干しを使いたいなぁと思いながらも、
生臭みが出てしまうと、ウチのこうるさいだんな様が、
あからさまに嫌がること請け合いなので、ずっと使っておりませんでした。

でも、いつだったか、テレビで放映してた、
NHKの「ためしてガッテン」でやっていた方法だと、
ホントに美味しいエキスだけが残る感じがしたのです。

そのやり方は、
お味噌汁一杯(200cc)あたりの水に、煮干しを1~2本を入れて、
ひと晩置くだけ
という、「満点へぇ~」な話。

お味噌汁一杯200ccは、具も入れることを思えば、
「ちょっと多いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、
一晩入れておく煮干しが水分を結構吸収するので
これぐらい必要なんだそうです^\^)。

てことで、あとは煮干しを取りだして、
ふつうにお味噌汁などのおだしとして使えちゃいますです。
煮干しの頭や内臓を取らなくてもいいし、
見張りながら煮出す必要もないので、とっても簡単。
目からウロコの方法でした。

その上、味は、どんな具とも相性が良いとっても上品な出来映えです。
そうなれば、ここは、 お味噌汁の王道、
ワカメ・お豆腐・油揚げ・ネギの4大味噌汁の具がおすすめです^^)。

もうひとつオマケな話。
「ためしてガッテン」のHPで紹介されていた
「だし」を取ったあとの煮干しの食べ方。

いいですねー、こうゆう「食を大切に考える」情報。
私は、レンジで少し乾かしてから素揚げにして、
そこにガーリックパウダーとお塩をまぶすのがお気に入りです。
市販の普通の唐揚げ粉をまぶして揚げても、
まずまちがいなく良いおつまみになると思われ。^^

お味噌汁の具にする野菜がない時

お味噌汁の具。こんな材料を常備しておけば、野菜がなくても大丈夫。

せっかくお味噌汁を作ろうとしても、具にする適当な野菜がなにもないなあ。
ってこともよくあることですが、
こんな時は、いっそ、シンプルに
落とし卵のお味噌汁」をじっくり味わうというのもいいですよ。

おだしをとって、普通に作ったお味噌汁に、
食べる人数分の卵を、そっと(そっとですよ^^)割り入れ、
それぞれの白身が固まったら、食べ頃です。
お味噌汁を作る時の火の加減によって、黄身の固まり具合が違います。
食べるときに、お箸が黄身にあたって、とろりとあふれ出て、
熱いお味噌汁にふれて少し固まった時の、あの濃いい味わい。。
卵の外側だけが固まっていて中身が半熟な時の、じゅんわり感^^)。

具のない時には、味噌と卵の相性の良さをじっくり味わうのもいいですね。

もしあれば、ネギのみじん切りを薬味にして、
食べる直前にお味噌汁に追加すると、さらにグッドです。

さて、では、野菜もなければ卵もないっていう時にどうするか。。

それは、もう乾物ですよ。乾物。
普段から乾燥ワカメやお麩、湯葉、干し大根など、
乾物の定番を常備しておくといいですね。
ってゆーか、お味噌汁にはよく使う物ばかりですね。
油揚げなんかは、まとめて油抜きして、
1回分に使う程度の少量ずつに仕分けてラップにくるんで冷凍しておくと便利です。
焼き海苔を粗くちぎったりしたものや、おぼろ昆布なども、
具のない時の緊急出動部隊としては、結構美味しく重宝しますです。

変わったところでは
白菜キムチなども意外な美味しさ
(野菜はないけど、キムチはある、ってよくあることですよね?ないか?^^;)。

奥の手として、お中元でもらったまんまの素麺を引っ張り出してきて、
そのままポキポキっと折って入れるってゆー、荒技もありますが
(いや、まっとうに美味しいんですよ^^)。

そうそう、そうめんには結構、塩分があるので、
全体の塩加減にはくれぐれも気をつけてくださいね~。^^/

関連記事

  1. 変わった大根料理:簡単でもグルメな料理レシピ

  2. チヂミの作り方:簡単でもグルメな料理レシピ

  3. じゃがいものパンケーキ:簡単でもグルメな料理レシピ

  4. 美味しいぜんざいの作り方:簡単でもグルメな料理レシピ

  5. フォカッチャの作り方:簡単でもグルメな料理レシピ