[スポンサード リンク]


-- MENU --

日焼けの治療と処置が正しくできれば、紫外線による日焼け後のトラブルも恐くない。

日焼けの治療と処置についてご紹介します。

海や山へでかけてなくても、日が照って紫外線の強い日中に、ちょっと長い時間、買い物などに出かけただけで、すっかり紫外線を浴びて日焼けしてしまい、肌が赤くヒリヒリ痛くなったり、紫外線に直接当たっていた肌の部分の皮が剥けてしまったことがる方も多いことでしょう。

 

紫外線による日焼けはりっぱな?やけどですから、紫外線で日やけをしたらちゃんと「日焼けの治療と処置」が必要になります。

紫外線はよく5月や6月が一番強くなるって言われていますが、基本的には1年中降り注いでいますので、実は紫外線対策は季節に関係なくしておいた方が良いですよ。そのうえ、ここ数年は特に紫外線が強い夏場になっているような気もしますので、海や山へのレジャーで肌を露出することも多くなりますので、より日焼けに対する情報を知っておきましょう。

 

さて、そんなひ焼けですが、紫外線による日焼け後のトラブル対策はどうしてますか。適切な日焼けの治療と処置の方法を知っていないと、あとで日やけ後のトラブルでけっこう面倒なことになっちゃいますよ。

 

ということで、そんなことにならないように、紫外線による日焼けの治療と処置の方法を簡単にまとめましたので覚えておいてくださいね。

 

夏場のお出かけの後は、日焼けの治療と処置の3原則を必ずね。

日焼けの治療と処置の方法で、日焼け後のトラブルを起こさないようにすることで大切なことは、

とにかく紫外線で焼けた肌を「冷やす」

そして、十分な「水分補給」

お肌の「保湿」の日やけの治療と処置の3原則ですね。

紫外線で焼けちゃったなあと思ったら、帰宅後にまずは、日やけした肌を氷や保冷剤のようなものを使ってしっかり冷やすというやけどに対する時と同じような治療、処置をします。

 

ここで大事なことは、紫外線で焼けてしまった肌の赤みや痛みがなくなるまでは、洗顔フォームで洗顔したり、メイクしちゃったり、気持ちいいからといって、お肌にしみわたるような化粧品をつけるなど、お肌を刺激するようなことはいっさいしてはいけませんということです。

 

そして、紫外線による日焼けの治療と処置の方法の2つめ(水分補給)と3つめ(保湿)は、日に焼けた肌はとても熱っぽく乾燥しやすい状態にありますので、十分に行うことです。

 

もちろん、肌に刺激があってはいけませんので、日焼け用のスプレーなどでも、刺激の少ないものを使うようにしましょう。普通のお水を霧吹きでマメにシュッシュッするのが一番いいと思います。

 

水分補給は直接水分を肌にかけるだけではなく、身体の中からも水分補給できるようにジュースなどで水分をたくさん飲んでくださいね。

で、ほどなく痛みや熱が取れれば本当に軽い「やけど」寸前で、お肌を守ることができたと喜びましょう。

 

でも、以上に紹介したような紫外線による日焼けの治療と処置の3原則をちゃんとしっかり行って、数時間〜半日ぐらいたってもまだあいかわらず、ひりひりとした痛みがひどく、安静にしていたり眠ろうとしても体に熱がこもった感じが取れないような場合は、できればその日に、おそくても次の日の朝に、病院に行きましょうね。

 

単なるやけどとかでなく、熱中症なんかだったりすると大変ですからね。


以上が、紫外線による日焼けの治療と処置の簡単な方法ですが、

この3つの基本的なことが、日焼けの後によくあるシミやそばかす、吹き出物などの肌トラブル対策としてはとても有効な処置にもなりますよ。

日焼け予防の関連情報>>温泉水 化粧水
日焼け予防の関連情報>>日焼け後



気になる商品情報を検索してみよう!
※見つかるZOU 検索窓

日焼けの治療と処置。おっと、もう一つ。「肌の皮剥け」の処置。

ところで、日やけの治療と処置や紫外線による日に焼けた後のトラブル対策で覚えておいてほしいことがもうひとつあります。

 

それは「肌の皮剥け」の処置です。紫外線がきつくてちょっとひどい日焼けをした後は、日に焼けた部分の肌の皮が剥けてきますが、かゆいからとか面白いからとか見苦しいからとかの理由はなにかしらあっても、絶対に、無理やり皮を剥くようなことはしてはいけません

 

せっかく、紫外線による日焼けの治療と処置がちゃんとできたお肌でも、皮を無理矢理はいだり、こすったりしたら、その後のお肌のトラブルや肌荒れの原因になるばかりか、赤ちゃん肌のようなキレイなお肌に、とっても残念な「跡」が残ってしまうことになるかもしれませんよ。

 

ちょっと見苦しくても、かなりかゆみが出てきても、ここはじっと我慢、我慢。

皮が自然に剥けていくのを待ちましょう。

そうそう、お風呂に入って皮膚が柔らかくなった時には、皮を優しくなで取る感じにすれば少しは、見苦しさも気にならなくなりますよ。

 

しかし、それでも基本は自然にお肌が元の状態になるのを気長に待つということ。

それが、その後の何十年をあなたと共に過ごすお肌にとってはありがたいことなんですよ。

 

以上、紫外線による日焼けの治療と処置を正しくちゃんとすることで、日焼け後のトラブルも恐くないという情報でした。