[ナイスな情報]

探し物はなんですか?
見つかるZOU


-- MENU --

とうふのデザート。美味しくてヘルシーな「豆腐白玉」の簡単レシピ。

とうふのデザート簡単レシピ:まずはおとうふのデザート。ある日白玉粉を買ったら、袋の裏に「水の代わりにおとうふで」と書いてありました。むむっ?お豆腐?とうふのデザート!これはぜひ作ってみなければと思い、さっそく試してみたところ・・とっても美味しいおとうふのデザートとうふのデザート「豆腐白玉」が出来ました♪おとうふで作ると水でこねるよりも口当たりが柔らかで、ぷるるん度も増した感じです。とうふのデザート「豆腐白玉」の作り方はとっても簡単。
●「とうふ白玉」の簡単レシピ
白玉粉と絹ごし豆腐の量はほぼ同量ですが、お豆腐のタイプにもよりますし柔らかいのが好みなら少しお豆腐を多めにしてください。一応基本は・・白玉粉と絹ごし豆腐を100グラムずつ、ボールに入れてよくこねます(お豆腐の水分があるので、他に水を入れる必要はありません)。耳たぶくらいの柔らかさになったら、あとは小さく丸めてお湯の中に入れ、浮いてきて10〜15秒ぐらい経ったら冷水に取ります。この時は黒砂糖があったのでそれを溶かしてとうふのデザート「とうふ白玉」黒蜜がけにして、きな粉、くるみのみじんぎりをかけて食べましたが、あずきとバニラアイスを添えても美味しいですよ。また甘辛タレを作ってとうふのデザート「とうふ白玉」のみたらし団子風にするのもオススメです。

ごま豆腐から京都のこだわり豆腐、お試しとうふセットなどなど。豆腐関連商品はこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!


[ナイスなお知らせ]


お豆腐が入っているとは思えない・・すぐにできる「お豆腐パン」の作り方。

とうふのデザートおとうふ白玉があるなら「お豆腐パン」があったっていいじゃないか?ということで、おとうふでパンを作ってみました。ふつうのパンのようにベンチタイム(発酵時間)を取らないで済むので、食べたいと思ったらすぐできちゃうのが「お豆腐パン」です。
●「お豆腐パン」の作り方
材料は強力粉150グラム、おとうふ(木綿・絹どちらでも)100グラム、プレーンヨーグルト大さじ2、塩小さじ半分、ベーキングパウダー5グラム、オリーブオイル大さじ1。これをすべてボウルに入れ、粉っぽさがなくなりまとまるまでよくこねます。ひとつにまとまったら、両端を引っ張って二つ折りにする作業を10回ほど繰り返すとより美味しくなりますよ。あとは4〜5等分して、軽く打ち粉をしたラップに挟み、綿棒で7〜8oの厚さに伸ばし、テフロンのフライパンで油をひかずに薄く焦げ目がつくまで両面焼くだけ(焼く時はフライパンにフタをしてね)。フォカッチャのようなナンのような不思議な「お豆腐パン」の出来上がり。上にチーズやトマトを乗せてトースターで焼いてもいいし、そのままカレーやシチューにつけてもいいですよ。

「お豆腐の明太子ソース」ご飯にもお酒にもあう、とうふのかんたん便利レシピ。

簡単レシピ:「お豆腐の明太子ソース」は油分をちょっと多く使うので「ダイエットの敵だなぁ・・」と思いつつ、時々無性に食べたくなる料理です。結構クセになる味です。
●「おとうふの明太子ソース」の作り方
小さめの土鍋(なければふつうの小鍋)にお湯とお豆腐を入れ、温めておきます(沸騰させるとお豆腐にスが入って口当たりが悪くなるので、ふつふつとするぐらい)。その間に明太子(大きめなら一腹、小さめなら二腹)の皮から中身だけをこそげ出し、レンジで柔らかくしたバター50グラム、お酒と水各20tとよく混ぜておきます。バターの代わりにマーガリン、オリーブオイルでもいいですよ。それをお湯を切ったお豆腐の鍋に入れ、弱火にかけて明太子のブツブツが見えてきたらもう出来上がり。細ネギの小口切りを彩りにパラリとふり、食卓でおとうふと明太子ソースを混ぜながら召し上がれ。好みで粗挽き黒胡椒をかけたり、明太子の塩気が薄いようなら少し薄口醤油をたらして。明太子やバターの量は好みと体重?に合わせて、適当に調整してください。カロリー高いなーと思いつつ「お豆腐だからいいよね」と言い聞かせながらついついいっぱい食べてしまいます。「おとうふの明太子ソース」ではダイエットはむずかしいかも。

★旬の情報[楽天]