テレビ万有時報vol.69
「菌&農大ブーム、来る?・・の巻」

晩秋のある夜、たまには早く寝ましょうとテレビのリモコンに手を伸ばしかけたら・・んん?何やら面白そうな気配。
「何ナニ?コレ?」とワケの分からないままに見始めたら、すっかりハマってしまったのがアニメ「もやしもん」(毎木24:45〜、但しエリアによって放送時間はまちまち、フジテレビ系で放送)。
最初は舞台が農大だから、牧歌的でほのぼのした大学セーシュンものなのかなと思ったら、菌とウイルスと細菌とヘンテコな人が出てくる出てくる・・。
主人公の種麹屋の次男坊・沢木惣右衛門直保は、何故か肉眼で菌が見えてしまうという特殊な体質で、空中に浮遊してる菌を掴んで会話もできちゃう(笑)。
そんな彼が入学した農大には、敷地内で発酵食品を作る謎多き名物老教授、ボンテージファッションのドSな女王様気質の女子院生、酒を密造する先輩などなど、これまたひと癖もふた癖もある強烈に濃ゆーい方々。
そこにプラス、毎回様々な菌やウイルスが登場するんだけど、この菌たちがねーとってもラブリー(この間は強力なベロ毒素を出して人を死に至らしめるあの怖いO-157も出てきたけど、これでさえダルマの宇宙人みたいで何か憎めなかったもん)。
番組の最後には「菌劇場」というミニコーナーがあって、その回に出てきた菌たちが改めて紹介されるので、彼らとももうすっかりお友達気分??番組のメッセージ欄を覗いてみると、この菌たちの可愛さにやられちゃった人は少なくないようで、なかには「娘が幼稚園の粘土の時間にオリゼー(菌の種類のひとつ)を創ってました・・」「子供がいろんな細菌をカラー粘土で作って遊んでます」なんて書き込みも。
ふふっ、あたくしが知らなかっただけで、もう菌たちはすごい人気者みたいです。
でもこの菌たちの可愛さもポイント高いけど、全体としては割とビターというかスパイシーで、そこもまた気に入ってます。
主人公の沢木が背は低くて髪は金髪、性格は優柔不断・・とあまりカッコ良くない。
また菌が見えちゃうせいで子供の頃から気味悪がられたりしたので、彼自身はこの能力をあまり歓迎してないってところも面白い。
沢木以外の登場人物もそのへんのドラマよりも性格設定がしっかり作り込んである感じで、その人間臭さにニヤリとしたり、時になかなか深いなーと思わされることも。
それに農業大学ならではのエピソードとか描写もあって、「へぇー、農大ってこうなんだ」とビックリしたり感心したり。
食糧自給率の低さが問題にもなってる日本だけど、このアニメで農業に関心を持つコも増えるかもね。
そーそ、ちなみに「もやしもん」のもやしは、野菜のことではなく種麹のことなんだって。
それとよく出てくる「かもす(醸す)」ってフレーズは、繁殖とか発酵の意味で、菌たちの口癖(O-157みたいな危険な菌は「かもしころすぞー」と言います)。
ささっ、これでまだ未体験なあなたも菌ワールドへGO♪♪



送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ