テレビ万有時報vol.68
「オジサンと言うよりも・・の巻」

情報番組やワイドショーなどの司会をしている11人のオジサンたちが、局の垣根を越えて集結し、話題の人や出来事を徹底検証するジャーナリズムバラエティー「オジサンズイレブン」(毎月10時〜、日テレ系で放送)。
この秋からスタートしていたのは知ってたのだけど、初めてちゃんと覗いてみました。
この日(11/12)の話題は、著書の「ホームレス中学生」が今売れに売れている麒麟の田村くんや、亀田戦で勝利した内藤大助選手のいじめ体験激白、プチ整形がオジサンにもブーム?、過去の恋愛をペラペラっと喋っちゃってブーイングされてる青木堅治をどう思うか?の4本。
田村くんの話は初めてじゃなくてもつい聞き入ってしまうし、他の話題もまぁ旬と言えば言えなくもないけど、個人的には「もうどこかで見ちゃった・知っちゃった感」が漂う1時間でございました。
それにプチ整形では、メンバーのひとりである辻よしなりさんが自ら体験。
奥様への告白、カウンセリングから施術風景、その後スタジオでマスクを取ってアフター顔もご披露しちゃったんだけど、こんなの見せられてもねぇ(苦笑)。
またそれに「ほぉぉぉぉー」とどよめくご一同様。
み、皆様、結構興味津々のご様子で、オジサンと言うよりオバサンみたいに見えちゃったりして。。

これは『日テレが大物司会を独り占め』という触れ込みなんだけど、中には「この人って・・誰だっけ?」という方もいらして、そもそも番組のウリである11人のおじさんが集まるっていうのが良かったんだかどうか・・。
勝手な想像ですが・・・多分企画段階では「MCのおじさんたちに世相とかいろいろ辛口トークしてもらったら面白いんじゃない?」「いいっすねー、それも局とか関係なしで集めたら話題になりますよぉっ!」と大いに盛り上がったけど、蓋を開けてみたらそうでもなかったのかな・・と。
個人的には、今はまだ相乗効果には至ってなくて、それぞれの持ち味もあまり発揮されていないように映っちゃいました。
どうせなら普段は取り上げにくいような問題に、1時間かけて徹底的に鋭く切り込むか。
あるいは、社会性は無くてもフッと笑えちゃうようなオジサン体験モノ(ずっと以前、何かの番組でおじさんがひとりでスタバーに行き、コーヒーを買ってくるってのをやってたんだけど、気の毒やら微笑ましいやらで大笑い)。
さもなくば、この際『男たるもの』みたいなのは捨て去って、思いっきりミーハーにパワフルにオバサン化しちゃうのもいいかも。
タレントの追っかけ、エステ、豪華なランチ、大人バレエにフラダンス、あ、ポールダンスは・・ちょっと不向きとしても、奥様との共通の話題が持てて結構いいかもしれません。
何にしても、せっかくこんなに集まったんだったら、このままでは勿体ない。
『これぞオジサンだから出せる味!』ってのを見せていただきとうございます。



送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ