テレビ万有時報vol.61
「見といて何ですが・・の巻」

最近あっちこっちの番組で引っ張りだこの大食い女王、ギャル曽根ちゃん。
でも認知度&人気上昇と共に「あんなに食べて何で太らないの?」「ホントは吐いてるんじゃないの?」という疑惑の目が向けられてるのも事実。
そんな彼女を「中居正広の金スマ」で徹底検証するというので、ついつい好奇心に負けて見ちゃいました(9/21、TBS系で放送)。
ある日の彼女のお食事は鮨40カン、素麺25s、定食5品、ハンバーガーセット2セット、ステーキ弁当3コなどなど総重量123s、カロリーにして24132kcal。
一般女性の平均が約2050kcalというから、実に12日分を1日で食べちゃう計算に。
これだけの量を食べてたらアッと言う間に巨大化するはずだけど、太るどころかやせ気味なのは何故か?と、番組では最新機器を使って様々な角度からメディカルチェック。
そうすると、いろいろ驚愕のデータが・・。
満腹中枢検査では、普通なら山形に上がって下がる血糖値のグラフが全く変化なし。
つまりどれだけ食べても血糖値が上がらない→満腹にならない→だからいくらでも食べられる(ということらしい)。
次に身体を5o間隔で輪切りに撮影するマルチスライスCTで、食前・食後の胃を比較。
すると・・手の平大程度だった胃が、食後にはちょっとした枕なみに肥大。
胸の下から足の付け根まで、見事にぜーんぶ胃。
いやー、もう驚きを通り越して笑うしかありましぇん。
他にも『一般の2〜4倍のビフィズス菌が活動』してたり、『褐色脂肪細胞の機能が高く、常にエネルギーを使ってる』から太りにくかったり。
それらを総合すると、少なくともギャル曽根ちゃんはかなり特異な体質であることは間違いないらしい。
あと家族や元彼、行きつけのお店の人のなどからの「彼女は幼い頃からずっと大食いだった」という証言も加わり、『ギャル曽根ちゃんの大食いはホンモノだった』とお墨付きが出たような形で終了。
とりあえず、疑いが晴れてパチパチってところでしょうか。
それに彼女って、見かけのインパクトと違って性格的に素直で可愛らしい印象だし、きちんと最後まできれいに食べるところなんかも良い感じ。
だからこの一応の結論にも異論はないんだけど・・ただ矛盾してるようだけど、謎は謎のままで良かったような気もしないでもないの。
「人の12倍も食費かかっちゃうんだなぁ」とか、番組でも言ってたけど「赤ちゃん出来たらどうなるんだろう」とか心配になっちゃって、これからは単純にガハハと笑って見てられなくなっちゃうかも。。

「あなたは希代の詐欺師か?それとも超人か?〜中略〜あれだけ食べても太らない身体に黒い疑惑が・・吐いている・・テレビ界を震かんさせる禁断の領域に踏み込んだ・・スタジオが騒然・・超問題作」って、大げさで長ーい見出しに、まんまと引っ掛かったあたくしもあたくしなんですけどね(苦笑)。
関係ないけど、近頃中居くんの司会ぶりを見ていて誰かに似てきたと思ってました。
誰だろ誰だろ?と考えたら・・みのもんたさんでした。
ふふふ。。



送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ