テレビ万有時報vol.145
「老眼鏡紳士における萌えの考察・・の巻」

そろそろ寝ようかという深夜2時過ぎ、たまたま目にして、そしたらググッと引 き込まれて目が離せなくなってしまったアニメがあります→「リストランテ・パ ラディーゾ」(毎週水深夜26時08分〜、フジテレビ系)。舞台はイタリア・ローマ の人気リストランテ”カゼッタ・デッロルソ”。連日女性客の予約でいっぱいの このお店、料理の味もさることながら彼女たちのお目当ては男性従業員。 若いイケメン揃い?いえいえ、そこは全員が老眼鏡着用というちょっと不思議な リストランテ。

まだまだ駈けだしファンなのでよく分かってないことも多いのですが、タイトル のパラディーゾはこの店のカメリエーレ長(カメリエーレは日本でいうウエイタ ー)であるクラウディオの名字でもあり、イタリア語で『天国』という意味。 そして、問題の?『従業員は男性で、老眼鏡着用のこと』という何ともマニアッ クな採用条件はオーナー・ロレンツォの夫人・オルガの発案。その理由は・・彼 女が老眼鏡紳士を見るのが好きだから。

何かもっと深ぁーいワケでもあるのかと思ったら、そーゆーコトですか。。ホン トにオルガの極私的趣味、タダのワガママが発端のようなのですが、でも・・こ れが意識してみるとホントになかなか素敵だったりして・・ふふっ♪

『メガネ男子』なんてジャンルもあるぐらい、以前から一部の女性にとって眼鏡 は女心をくすぐられる重要なアイテムでした。賢そう、やさしげ、知的、どこと なくストイック、クール、上品・・。あ、ただ言うまでもなく、眼鏡が似合って、 尚かつヤセ形で清潔感漂う人の場合に限られ、その道のツウに言わせれば眼鏡も あまり凝ったモノではなくやや細身のシンプルな黒縁のフレームが最もソソる、 ということのようですが(笑)。

ただメガネ男子と言うぐらいですから、あくまでも少年〜青年が対象で老眼鏡紳 士というのは圏外だったはず。ところが、この老眼鏡というのが意外とくせ者。 老眼鏡をちょこんと鼻にかけた様子はおじーちゃんっぽいけど、その分安心感を 与えるし、でもふと見た横顔に「あ、まだ意外と若い・・?」と急にドギマギ。 そのギャップは妙な色っぽささえも感じさせ、気づけば『萌え〜♪』な状態に。。

あ、いや、すっかり眼鏡談義になってしまいましたが、ストーリーもシンプルな がらじわっと染みてきて深い味わいを醸し出しています。リストランテの日常を 描きながら、そこはかとなくそれぞれの人生も感じさせ、年を重ねるって悪くな いなぁと思わせてくれます。

日本ってやたらに若さをもてはやすけど、ま、確かに男女問わず若くてきれいな 子たちは目の保養になるけど、でも年齢を重ねたからこその魅力にももっと目を 向けていいはず。大人もちょっとでも若く見せようと無理する方がカッコ悪いこ とに、そろそろ気づいてもいいかな?・・と、自戒も込めつつ、ね(苦笑)。

*興味のある方はフジテレビOn Demandで配信中です(但し、有料でーす)。




送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ