テレビ万有時報vol.120
「夜の桃太郎・・・の巻」

これはあたくしが勝手にそう呼んでるドラマ「ギラギラ」(毎週金夜9時〜、テレ ビ朝日系)のこと。こうして文字にしてみると何だか卑猥な感じになっちゃいま したが(笑)、それなりに理由があるのです。

昔々”六本木の王”と呼ばれた伝説のホストがおりました。名を公平と申します。 でもある娘と出会い結婚するために、その世界から足を洗い普通のサラリーマン になり、やがて子供もでき幸せに暮らしていました。ところがリストラに遭い、 家族を守るためにやむなく内緒でホストの世界に舞い戻ることになりました。 最初は出戻りの中年ホストに周りのみんなも冷たかったのですが、真面目で誠実 な公平の言動に一人、また一人と心を許し、仲間となっていくのでした・・。 ねねっ、やっぱり桃太郎みたいでしょ?

若くもなく、特別イケメンってワケでもない公平の唯一にして最大の武器は『誠 意』。すぐに殺気立つ若いホストくんたちにも、クセのある厄介なお客にも、も ちろん妻子にも常に誠心誠意の対応。で、それが毎回いつも大体ちゃんと相手に 通じて、最後には小さな「めでたしめでたし」になっていくの。 こういう流れって、ふつうは見ていて気持ち良くなるはずなんだけど・・ここの 場合どーもスッキリしないあたくし。

公平のホストとしてのモットーは『お客様を癒すこと』。だから飲み過ぎて気が 大きくなって、バンバンボトル開けそうなお客様には「今日はもうこの辺で」と 嗜めるし、またある時は手作りのお味噌汁なんかも出して「ホッとするわ♪」な んて言われてたりします。そりゃまぁ、自分の身体やお金のこと気遣ってくれる のは悪い気はしないし、お酒の後のお味噌汁も確かに美味しいと思うけど、これ だとホストって言うより通い慣れた小料理屋の女将さんみたいよ、公平ちゃん。

ホストクラブには縁のないあたくしですが、ああいう場所ってやっぱり何か非日 常的なモノを味わいたいんだろうと思うし、バカげてると思っても敢えてそうし たい時に行くところって気がします。でなきゃひと晩に何十万、何百万も浪費で きません。

それと同様に、ホストクラブもののドラマってどれもそこそこ人気が あるけど、それは見てる方も『怖いモノ見たさ』ってところがあるからじゃない のかしらん。「えっ、そこまであこぎなコトしちゃう?」「きゃぁ、冷酷ぅ!」 とか言いながら最後に「やっぱり怖い世界よねー」で終わりたいのに、これじゃ 調子狂っちゃう。『善良』と『ホスト』って、同時に成立するかなぁ・・?

公平役の佐々木蔵之介さんは好きな俳優さんで、意外にも連ドラ初主演作なんだ とか。だから応援気分もあって拝見しているのですが、彼が紳士的な態度で微笑 みながら女性達からお金むしり取っていくのも見てみたいなぁ。でも、タイトル のギラギラどころか、このままだと「こんなところにはもう来ちゃいけないよ」 と言い出しかねない感じ。ま、そこまで徹底してくれたら、それはそれで面白い かもしれないけどねー(笑)。




送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ