テレビ万有時報vol.117
「病気?病的?ビョーキ?・・・の巻」

○○症候群とか○○障害とか、最近は病気の類もいろいろありますね。精神的・ 肉体的に突き詰めて行けば、誰もがどこかに多少の不具合や不調を感じているわ けで、そうなると全ての人が何らかの病気ってことになるけど・・それも何だか ヘンな感じ。

「一体どこからどこまでが病気なの?」と思っている中で拝見した のが「サイエンススペシャルそれでも食べずにいられないA」(フジテレビ系、 10/24放送)。去年の放送に引き続き、食にまつわる謎を科学的に検証する番組 の第二弾です。

1歳半の頃から主食のビスケットと牛乳以外、口にしないという男性シェフ。食 べても食べても満足できず、無限の食欲に苛まれる女の子。筋肉が凄まじいまで に発達し続ける「マイオスタンチン関連筋肉肥大」のために、1日6回大人並み の栄養を摂らなければならない2歳の男の子・・。

まだ解明されていないこともあるけれど、多くの場合、遺伝子の異常や突然変異 に原因があるのだそう。食事って生きていくためにするものだけど、それだけで はなく家族団らんの場だったり、親しい人と共有する楽しい時間でもあるはず。 でも「もっと食べさせろ!」「もう食べちゃダメ!」、「お腹いっぱいで吐いち ゃいそう」「でも食べなさい!」・・と、彼らやその身近な人々にとっては、い つもピリピリした緊張を強いられる苦痛の場になっていることに胸が傷みました。

こういう場合、事情を知らない人が傍目から見れば「単にワガママ、本人の性格 の問題!」とか「親の育て方やしつけに問題があるのでは?」と、ついネガティ ブな視線で見てしまいがち。でも、こういう情報が伝わることで世間の見方や接 し方も変わってくるかも・・そういう意味でも有意義な内容でした。

さて、その一方で「やっぱりよく分からないなぁ」という思いを抱いたのが「ハ ートをつなごう」(基本的に毎月最終週の月曜〜木曜夜8時〜、NHK教育)。今 回のテーマは「依存症」。アルコール、恋愛、ギャンブルなど、モノや行為にの めり込みコントロール出来なくなってしまう『心の病』。ある女性は最初、クラ スでダイエットが流行り始めた頃に食べ吐き(いわゆる摂食障害)を覚え、その 後お酒→買い物・・と対象は変わっても、いつも何かに依存し続けてきたそうで す(こうした依存の連鎖は珍しいことではないのだとか)。

そしてその間、何度も車で事故を起こし、数年間で29回も職場を変え、借金を繰り返し・・という 壮絶な人生。だけど、何だか自分に対して肯定的な態度に映り「満たされない思 いをうめている」という言葉にも素直に共感はできませんでした。やめたくても やめられない。本人も周囲も、本当に苦しいのだろうとは思うのですが。。

何かに依存したり、現実から目を逸らしたりすることは誰にでもあること。だけ どほとんどの人は自己嫌悪に陥りつつも、我慢したり気持を切り替えたりしなが ら頑張って乗り越えているので、どうしても病気というよりは「依存症?ただ意 志が弱いだけなんじゃない?」と思えてしまいます。そのモヤモヤっとしたとこ ろを明解にしてくれるかも?と期待したのですが、イメージは変わらずでした。 今回は、掘り下げ方がちょっと中途半端だったかな。残念でした。



送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ