目のレーザー治療による視力回復。近視・乱視・緑内障の治療がレーザーで可能な時代です

目のレーザー治療による視力回復に関する情報です。最近、レーザーによる近視・乱視・緑内障の視力回復治療がおこなわています。緑内障を除く近視・乱視は目の屈折異常(網膜にピントがあっていない状態の事です)によって、視力が低下する事です。その為に古くからは眼鏡で、近年では眼鏡、またはコンタクトレンズを用いて、視力を矯正しています。確かにその様な、道具(ツール)によって視力回復をしていますが、どうも手間暇がかかる、と言う方がレーザー治療を利用しているようです。

目のレーザー治療としての方法自体はさほど新しいものではなく、国際的には1980年代には臨床応用されています。レーザーによる、視力回復の手術の方法は、現在、PRK(レーザー屈折矯正角膜切除術)・レーシック(LASIK:レーザー角膜内切削形成術)・レーザー虹彩切開術とレーザー隅角形成術(レーザー周辺部虹彩形成術):主に緑内障の治療に用いられる治療が一般的です。

レーザー屈折矯正角膜切除術・PRKは、中程度の近視や軽度の乱視・遠視を矯正するために行われるレーザー治療です。手術はコンピューターが紫外線パルスを制御することにより、角膜の実質部を少量薄く削り取ることで、網膜上に光が正しい焦点を結ぶことができるようにします。この治療によって、コンタクトレンズや眼鏡が装着しなくても、周りが良く見えるような視力回復を実現します。手術時間も片目につき1分もかからないという簡単さです。ただ、PRKは、レーシック手術に比べて、手術後の不快感が強かったり、気分の回復にもちょっと時間がかかるなどの面がありますが、検査によってレーシック手術ができない人(角膜が薄い方や角膜表層にたるみが生じている方)でも、レーザー治療手術ができる可能性があります。

視力回復トレーニング機器など関連商品情報のいろいろはこちら>>



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓


緑内障は早期発見・早期予防・治療が大事です

緑内障(りょくないしょう、glaucoma)とは、目の病気の一種です。緑内障は、別名「あおそこひ」とも呼ばれてた目の病気でもあり、日本では中途失明の原因1位となっている目の病気です。緑内障は、眼球内部で発生した房水が、眼球の外部に排出されにくい状態になり、そのため眼圧が高くなり、視神経に損傷や異常をきたすなどによって、視野狭窄(しやきょうさく)の状態を引き起こしてしまう目の病気です。この緑内障治療の一部として、目のレーザー治療が用いられています。 ★緑内障は40歳以上の日本人男女の20人にひとり(5%)がかかっている目の疾患です。緑内障は進行してしまった視神経の損傷は2度と回復することがありません。その点が、他の白内障などと大きく違い重要なところです。ですから、緑内障は特に予防や早期発見、治療が重要になります。

レーザー治療が予定通り成功すると、視力が回復しますが、ほとんどの人の場合、日常生活(車の運転や本、テレビ、映画、景色などを見ること)に困ることがないほどの視力が得られますが、だれもがすべて眼鏡やコンタクトレンズ無しの裸眼で、視力1.0以上になるわけではありません。手術前に使っていた眼鏡の度数が重くない場合は、たいていの場合、手術後の視力が1.0以上になるケースが多くなります。また、めがねなしで遠くを見ることができる人の場合でも、40歳以上の人は、ほとんど全員が老眼を患っていますので、手術後であっても、本や新聞、雑誌などを読む時には老眼鏡を使わなければならない場合が多いです。

緑内障対策関連情報のいろいろはこちら>>

医療費が年間10万円を超えたら、医療費控除が受けられます

目のレーザー治療の医療費は、健康保険の対象外になっていますので、病院で治療を受けると全額自己負担になります。けして安い治療費ではありません。レーザー治療費は、一番安い病院では片目で10万円程でレーシックができるようです。ですが大体、片目で20万円弱ではないでしょうか。高い所でだと40〜50万円。眼科・クリニックにより、料金やサービス内容にばらつきがあります。また、たいていの生命保険や医療保険で、レーシックは、手術給付金の対象となっていますので利用しない手はありません。加入している保険の契約内容にもよりますが、だいたい3万円〜10万円の手術給付金が支給されるようです。レーシックを受ける場合は、事前に必ず、自分の加入している保険が「手術給付金対象かどうか」・「いくら支給されるか」・「手術給付金を受け取るための手続き」などについて確認しておきましょう。保険会社へ手術給付金の問い合わせをするときは、レーシックの正式な手術名称を伝えなければなりませんのでレーシックとは「レーザー角膜屈折矯正手術」のことと覚えておきましょう。また、手術給付金の請求をする際には、治療の診断書が必要になりますので、保険会社に診断書の書式やフォームがあるかを問い合わせ入手しておきましょう。手術の時にクリニックにフォームに合わせて診断書の作成を依頼するとあとが便利です。クリニックによっては診断書作成費がかかる場合もあります。数千円、1万円などになるとばかにできませんので、事前に確認して、納得のゆくクリニックで受診しましょう。確定申告による高額医療費控除は、本人または家族が支払った医療費が年間(1月〜12月)で10万円を超える場合に、医療費控除が行えます。家族それぞれが受診した病院やクリニックに領収書を発行してもらい、確定申告を行うことで、すでに納めた税金の還付が受けられますので、医療費が10万円を超える場合は、ぜひ確定申告をしましょう。

目のレーザー治療の関連情報のいろいろはこちら>>





[ナイスな情報]

-- MENU --

NYOHOHON PARTY タロタロペコリ
TOPへ

<エンタメ>

→嵐やKAT−TUNのカレンダー
→嵐のコンサートチケット
→kat-tun コンサートチケット
→六本木ヒルズで映画
→お台場 観覧車
→甲子園 優勝予想
→夏休みは工場見学で決まり

<ファッション>

→ブーフーウー アウトレット
→デコ電 作り方
→幕張 アウトレット
→ビルケン タタミ
→UVカットパーカー
→UVカットボレロ
→UVカットカーディガン

<高速バス・旅>

→西鉄バスの高速バス
→高速バス:四国
→高速バス:福井
→高速バス:静岡
→高速バス:秋田
→屋久島 一人旅
→道後温泉観光

<趣味・車>

→CB400Fヨンフォアのレストア
→セリカZZT中古車
→ランクル80のパーツ
→軽自動車のキャンピングカー

<食>

→保温サーモスのお弁当箱が人気
→羽田空港のお土産空弁空スイーツ

<美容・健康>

→フラコラお試しサンプル
→目のレーザー治療
→おでこ にきびの治し方
→日焼け後の処置
→赤ちゃん肌洗顔方法
→嶋田ちあきの化粧品

<暮らし・知識>

→バレンタインチョコ 作り方
→子供の防犯グッズのこと
→不登校 原因対策
→阪急ホテル 梅田
→送別会の贈り物・記念品
→家庭用子供用プール