わんこやにゃんこだけでなく
☆すべてのペット☆に対応!

2002年6月
太郎のその後

太郎のその後はいかがですか?と、 メールもいただいていたのに、梨のつぶてでゴメンナサイ。

太郎は今満六歳と3カ月弱、体重7.6キロと 文字通りすくすくすくすくと育ちました。

持病のFVRは、あの1996年の12月以降も少しだけ ぶり返したりしましたが、大事には至らずほぼ順調に育ちました。

身体はこんなに大きくなったものの、表情はまだ子供っぽく それ以上に精神はあの時よりも「お子ちゃま」状態です。

私がマックの前にいると、ずかずかと膝に乗りかけるのですが もはや私の膝よりも大きくなっているので、 ずり落ちながらも未練がましく膝と膝の間に頭だけ乗せて まん丸目で「なぜ乗せてくれないの?」と見上げています。

あれからの太郎の変化やわかったこと…
<毛が長く、もこもこふさふさになったこと>
写真では分かりづらいのですが、とにかく毛足が長く柔らかく毛量が多い。

お腹なんて毛割れ状態。

<大のカニずきと判明>
普段食べ物に執着しないのに、カニの時だけは大騒ぎ。

いつもダンナが剥かされ、最初に食べる。

<雷恐怖症>
ゴロゴロと少しでも聞こえると、まず「うー」と唸りながら、しっぽを下げ、そそくさと秘密基地へ。

通り過ぎてもしばらく戻らない。

<寝言多し>
「わおーん」と大声が聞こえてきて、何事かと行ってみると、クカーっと爆睡中。

あわわ、というのも多い。

<ちゅるちゅる>
何かを吸っているわけではなく、プラスチックのプレートや新しい雑誌など、とにかくつるつるしたものがあると、肉球ですりすりする。

手でその感触を楽しんでる感じ。

<枕好き>
頭が大きいせいか、寝るとき使えそうなものは何でも枕にする。

お座りしている時でも、疲れるのかリビングの座卓の上に顎をのせて休憩することもある。

などなど、挙げるとキリがありませんが、これから少しずつ たろたろ雑記でご紹介していこうと思っています。

夏の風物詩「壁沿い腹見せ寝」や「お返事上手」などは、小さい頃のままです。

でも彼の変化は6年経った今もとどまることなく、「何だ?これ?」という、日々新たな発見を私たちにもたらせてくれています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

携帯版はここまでです。

2002年:初夏 (捨て猫太郎のすくすく日記:1996年5月〜12月)


ペット用品の通販
割引価格で。



送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前

[ご感想]

(C)2011 ちぃ