わんこやにゃんこだけでなく
☆すべてのペット☆に対応!

11月11日

「ごめんなさいの巻」
今日は11月11日。

前回から、何と三か月半もたっているではありませんか。

ふー、本当にごめんなさいです。

あれから、ガンゾウくんの調子がすごく悪くなって、 ひどい時は1日おきに病院へ点滴を打ちにいったりしてて、 大変だったのですが、今はみんな元気で落ち着いています。

太郎もすっかり大きくなって、もう他の7匹と全然変わりません。

最近は時々、 「ナァーオ、ナァーオ」と、発情期っぽい鳴き方をするので、 もうそろそろ、 モロッコへ手術につれていこうかな、というところです。

ガンゾウくんの病気、 結局今考えると何が原因だったかはっきりわからないのですが、 とにかくまったくごはんを食べなくなってしまい、 動けない状態になってしまいました。

病院で血液検査や尿検査などをいろいろしてもらい、 その時の結果では、特に臓器とか、血液に異常はなかったのだけど、 とにかく、まったくひとくちもご飯を食べないのです。

食べなくなると、脂肪が肝臓に集まって肝機能を侵したり、 また脱水症状を起こしたり、とにかくとても危険なので あの手この手で、いろいろな食べ物をいろいろなやり方で 食べさせようとしたのですが、結局食べてくれない。

そのために点滴を打ったりしていたのですが、 点滴ではやはり最低限の維持しかできないため、 何とか食べ物を摂らせるために、 一時はおなかにチューブを通して流動食を そこから入れるということも検討しました。

でも、そういうのは、 うまく言えないけれど「生き物として、ちょっと違う」 というか、何となく抵抗があって、 とにかく 無理やり口に食べ物をいれるという方法で2か月ぐらい続けました。

でもこれも、本当に耐えられないぐらい、辛いことで。

無理やり口をこじ開けられて食べ物を入れられるガンゾウも、 体を抱え込んで口を開けさせるだんなも、 口にねじこむ係の私も、みんなとてもしんどかった。

食事は、レバーペーストっぽい特別療養食を少しお湯でゆるめたものを、 小さなスプーンですくって、くちの奥に入れるのですが、 その臭いがまずすごくて、閉口したこと。

そして、口にいれると吐き出そうとして、頭をふるので、 それがだんなや私にかかって、床にも飛び散って やり終えると、もうガンゾウもだんなも私も、何だかドロドロって感じで。

とにかく、すごくストレスがかかる。

もしかしたら、 ガンゾウは二度と自主的にごはんを食べないんじゃないだろうか、 と思ったこともあったのですが、 ある日、 どうせ食べないだろうと思いながらも、ご飯をめの前に持っていったら ほんの一口だけだったけど、ぺろと自分で食べたのです。

それが10月の初旬ごろだったでしょうか。

それからすこしづつ元気になって、食はすごく細くなったし、 ちょっとでも自分の嫌いな臭いがすると食べないこともあるけど、 今ではちゃんと自分で食べられるようになり、 猫部屋からベランダづたいに、リビングの方へ遊びにくるぐらいになりました。

なんだかんだと、いろいろあった3か月半ですが、 猫たちは元気、だんなと私もまずまず元気という初冬であります。


ペット用品の通販
割引価格で。

100円パソコンとデジカメ!
旅行の思い出作り〜


送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2011 ちぃ