当世流行りモノ講座.5
送料無料商品一覧

「お寺は疲れた現代人の和み系ワンダーランド?」

数年前から、ぐぐっと若年層が増えたお遍路さん。これはご存じの通り、本場は四国 八十八か所のお寺を巡るというもの。個人差はあるが、歩けば約2か月、バスや電車 を使えば約1か月をかけて、徳島→高知→愛媛→香川の4県にわたる札所を順に巡っ ていく。巡る動機もまた人それぞれだが、昔では考えられないよーな2〜30代の男 女がわさわさと歩いている。恋愛問題、家庭・職場の人間関係、進路、仕事・・それ ぞれ某かの悩みを抱えている人が自分を見つめ直すために、あるいはもっと単純に挑 戦してみたいという人もいる。ただ動機はどうあれ、同じお遍路さんとして見知らぬ 人と言葉を交わしたり、「お接待」という地元の人からのお茶などのもてなしを受け ることで、安らいだ気持ちになれることは共通してるようだ。

お遍路さんまで思いきった長旅は無理だけど、今、お寺やそれにまつわるものに安ら ぎや救いを求める女性が増えている。数時間で体験できる座禅会や写経会、一日出家 や短期の尼僧体験・山寺修行など、目的・予算などにあわせていろいろなメニューや コースが用意されている。費用は寺によってまちまちだが、写経なら2千円前後〜 (但し本格的になると高額になる場合もある)、一泊二日の尼僧体験なら1万円前後 〜(これも寺によっては法衣代等重なって高額になる場合あり)。ほとんどは事前の 予約が必要だし、最近尼僧体験などは早々に定員になってしまう人気ぶりなので、今 から探しても来年になることもある。中にはほとんど観光っぽい「なんちゃって風」 のもあり予約も取れやすいが、これだとただの変身お遊びに終わってしまう。

じっくり自分と向き合いたいという方は、やはり自分でお寺に直接問い合わせてみる こと。きっちり本格的にやっているところでは、電話予約では駄目で、まず書類を送 ってもらい、こちらで記入捺印して返送。それが受理されてその通知が来て、初めて 申し込み完了となる。だからそのやりとりだけでも10日間くらいはかかるわけで、 ま、ホテルや旅館の予約と違うので、その辺は心してかかってください。

厳しいところはジュースの自販機やTVなんてないし、携帯電話の使用やメイクも当 然自粛すべし。基本は正座、お食事だって修行のひとつだから生臭もの(魚、肉等) などは無く、完璧な精進料理。

普段なら我慢できそうにもない厳しい環境、でもこれだけ世俗のものから隔離される と、今まで見えなかったモノが見える・・かも。。


送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ