●関連情報
パンダル
パンダル 靴
パンダル サンダル



[ナイスな情報]


-- MENU --

LINEスタンプ 使ってね

パンダルが超人気。ネットプライスでも即完売。パンプス+サンダル=パンダルです

『パンダル』って知ってますか?今女性誌でもよく取り上げられている『パンダル』。まだ知らない・聞き慣れないって方も多いと思いますが、『パンダル』というその名からも想像できる通りパンプスとサンダルを合体させた女性用靴のニューカマー。去年の夏に登場し、今年2008年には認知度も上がって大人気になりそうな兆しです。『パンダル』はその名の通り、普通に履けばパンプスとして、かかとを踏んで履くことで、バックストラップ付きのサンダルとして、一足で2通りの、機能性とデザイン性が合体した夏の必須アイテムです。スーツなどきちんとした装いにはやはりパンプスがいいけれど、すっぽり皮で覆われる分夏場はどうしても足が蒸れちゃう。その点サンダルは通気性があって快適だけど、どうしてもカジュアルな印象が否めなくて職場などではそぐわないことも多い。そんなパンプスとサンダルの『良いとこ取り』をしちゃったのがパンダルで、特にOLさんたちの間では大人気です。パンダルはデザインもさまざまなものが出回っていますが、基本的には前部分は涼しげなサンダル風で、後ろから見るとパンプス。これなら仕事にもプライベートにも使えるし、何と言っても蒸れないのが嬉しいですよね♪ネットプライスなどの通販ショップでも超軽量パンダルが4,000円程度で販売されていますが、人気商品でしかも品薄なのですぐに売り切れてしまうようです。販売中のサイトを発見したら、迷わずゲットしましょ。


低反発インソールで心地いい!BAISERS パンダル 6171 ブラック

大人気夏のアイテム。パンダル関連情報のいろいろはこちら>>



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

パンダルを履いた感想。・・パンダルの良さを体験、実感。もう夏はこれでキマリ♪

さてさて話だけでもかなり良さげなパンダルですが、実際のパンダルの履き心地は・・予想以上でした。パンダルはまず足が蒸れないのがとにかく嬉しいし、オープントゥだからパンプスみたいにつま先が痛くならないパンダルが個人的にはかなり気に入りました。それとこれも個人的なことですが、実は私、『かかと』に自信がないんです。夏場でも何となくカサついているし、合わない靴で出来た靴擦れの痕もあったりしてできればサンダルを履いている時でも、かかとは隠したいなあと思っていたのでホントにパンダルはぴったり。パンダルのカラーとしては定番の黒も良いですが、オススメはブロンズ。ニュアンス的にはやや光沢のあるブラウンのパンダルという感じですが、肌の色と馴染みやすいので黒のパンダルよりも一体感が出て若干足をきれいにみせてくれるような気がします。夏なので赤やピンク、イエローなど鮮やかな色のパンダルも欲しいところですが、仕事にはちょっとそぐわないかも?でもプライベートでジーンズやクロップドパンツに合わせると可愛いと思いますけどね。ただ、黒や茶系のパンダルなら秋口まで履けるので一足目なら、ますは定番カラーのパンダルをどうぞ。

[ミンクス] コンビコンビバックバンド
[ミンクス] コンビコンビバックバンド

パンダル・・これが実は、男性にも評判がよろしいようです。

履いている私たち女性にも快適なパンダルですが、見ている側の男性にもパンダルって、結構評判が良いようですよ。意外とちゃんと女性の行動を見ている男性たちの間で、実はあまり評判がよろしくないのがミュールで「下駄みたいにカランカラン鳴らして歩く姿がだらしない」のだとか・・。もちろんこれはミュールが悪いのではなく履き方に問題があるのですが、合わないものを履いてるとどうしても疲れて無意識にああなっちゃうんですよね。バックバンドがついているサンダルも同様で、ついバンドを外してしまいがち。でも、パンダルならかかと全体を包み込んでくれるから安定感もあり、歩き方も自然にきれいになるようです。特に全面がやや厚底(と言っても1cm弱程度)でヒールが6?7cmのパンダルだと、クッションがあってより疲れにくく、つま先がオープントゥの部分に食い込まないので小指が痛くなったりもしません。パンダルを履くときは、さり気なくペディキュアもして、歩き方も美しく、パンダルをオシャレに履きこなして女っぷりをあげちゃいましょう。