[ナイスな情報]


-- MENU --

LINEスタンプ 使ってね

年賀状の基本は3つ

■■■ 文面の基本形 ■■■

・「賀詞」(新年のお祝いの言葉)を表します。
・年頭のあいさつや旧年中のお礼などを短く表します。
・今年の相手の幸福・健康などを祈る姿勢を表します。
・日付を忘れずに記入します。

<ワンポイント注意:元旦の意味を知らないと恥をかく>
元旦の意味は「新年の最初の朝:1月1日の朝」のことです。ですから、「1月元旦」「1月1日元旦」などと書くと「意味を知らない」ことになってしまい恥をかくことになります。
「平成●●年 元旦」「20●●年 元旦]と表すのが正しい使い方なのでおわすれなきように。

 

■■■ 宛名書きの基本 ■■■

・縦書きの場合は番地や部屋番号は漢数字で表します。
・宛名には必ず敬称をつけましょう。

 

<ワンポイント注意:敬称は二重にならないように>
・ 個人宛ての場合は「様」が一般的で無難です。
・ 宛て先が会社、団体名だけの場合は「御中」とします。
・ 会社、団体など組織の中の個人に宛てる場合は、右肩に部署名を、名前の上に役職名を小さめに添え書きし、個人名に「様」とします。役職名には敬称はつけません。「○○社長様」などと書くと大恥をかくことになります。例えば「社長 ○○様」などととします。
・ 相手が恩師や医師など、普段「先生」と呼称される方に宛てる場合は名前に「先生」でかまいません。さらに「様」をつけて「先生様」などとしてはいけません。もちろん「様」のみでもだいじょうぶです。
・ 「殿」は年賀状ではちょっと上から目線で不遜な感じがしますのであまり使いません。送り先が友人や目下の方でも、ここは「様」を用いましょう^^。
(まぁ、どうしても「殿」を使いたいという方は別にかまいませんが^^;)

■■■ すぐに返事・返礼の基本 ■■■

賀状を出していない方からの返事は、届いたその日に返礼を出します。元日に出す場合は元日で、2日以降の場合は、投稿日の日付で。年賀状を頂いたお礼と遅れたお詫びを表し、相手の幸福・健康祈願などをそえましょう。



関連情報>>お年玉 ポチ袋


気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

賀詞のいろいろ

<賀詞や挨拶文などは相手や関係によって上手に使い分けましょう>  

■会社の上司

「謹賀新年」
「恭賀新年」
「新春のお喜びを申し上げます」


など、上司や目上の方にはちょっとあらたまった感じを出しましょう。

 

■会社として出す

「謹賀新年」
「恭賀新年」


など、会社や公の立場で出す場合は、一般的な形式を踏襲して出します。

 

■恩師や取引先など

「謹んで年頭のご祝詞を申し上げます」
「謹んで年始のご挨拶を申し述べます」
「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」


など、尊敬の念や敬意を表す表現で出しましょう。

 

■友人、知人、同僚、親しい人

「あけましておめでとうございます」
「新年おめでとうございます」
「新春のお喜びを申し上げます」
「賀春」
「賀正」
「迎春」
「謹賀新年」
「A Happy New Year!」


など、新年を迎えるにあたっての軽やかで明るい雰囲気を出しましょう。

 

<ワンポイント注意;「賀正」「迎春」など簡略字句は目上の方には使わない>
「賀正」は「正月を祝う」という意味を簡略化した表現なので、目上の方などにはあまり適しません。同じように「迎春」「賀春」「頌春」など簡略化した言葉はどうしても「軽い」感じがしてしまいますので、改まった関係では使わない方が無難です。

 

目上や目下などに関わらず、普通に多く使われる賀詞は
「謹賀新年」
「あけましておめでとうございます」
「A Happy New Year!」

といったあたりでしょうか。「ありきたりでつまらない」と思われるかも知れませんが、年初の礼儀作法と考えれば無難な方が良いでしょう。
※もちろん、個性的な年賀状も楽しいものではあります。気さくな間柄でのやりとりなら、奇抜なものも印象的かもしれませんね。^^)

ただ、普段の口語調やあまりふざけた感じの言葉は避けましょうね。日本には、「親しき仲にも礼儀あり」という、素晴らしい習慣があります。あらたな気持ちで「よろしくお願いします」という礼を込めましょう。

 

[賀詞とともによく添えられる言葉]

・旧年中は格別のご指導を賜り、厚く御礼申し上げます

・旧年中は何かとご指導いただき、厚く御礼申し上げます
・旧年中は大変お世話になりました

・本年も相変わらぬご指導ご鞭撻を、お願い申し上げます
・本年もよろしくご指導のほど、お願い申し上げます
・ご指導ご鞭撻を賜りますよう

・皆々様のご多幸を、心よりお祈り申し上げます
・皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております
・この一年のご健康と、ますますのご活躍をお祈り申し上げます

・今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます
・今後も変わらぬご指導と、末永いお付き合いをお願い申し上げます

・よい年でありますように
・本年もどうぞよろしく
・くれぐれもお体を大切に
・今年もよろしくお願いします

 

<ワンポイント注意:忌み言葉を使わないように>

結婚式の際のスピーチなどと同様に、「去る」「失う」など暗いイメージの言葉や相手が不快に感じるような言葉は書かないように注意しましょう。「昨年は体調を壊して…」など自分の近況報告などのつもりでも、送られた方は、新年早々暗い気分になってしまいそうです。明るく元気な雰囲気の賀状を出しましょう。

[忌み言葉の例]
「失う」「あきらめる」「去る」「とどまる」「滅びる」「絶望」「残念」などなど。「去年」とは書かずに「昨年」「旧年」と表すのもそうした見地からのことでしょう。

文の流れできづかぬ内に使ってしまう場合もありますが。相手の状況などにも配慮した言葉を選びましょう。

※相手が結婚したばかりなら(離婚や別れを連想する言葉に注意)
離れる・別れる・切れる・出る・破れる・帰る・返す・戻す・戻る・冷える・分ける・背く・去る・割れる・再々・度々・重々・散る

※相手が出産したばかりなら(死産や流産を連想する言葉)
死・四・落ちる・流れる・苦しむ・しおれる・破れる・消える・崩れる・滅びる・抜ける・欠ける


※相手に受験や昇進があるなら(左遷や限界を連想する言葉)
終わる・はずれる・衰える・失う・倒れる・落ちる・破れる・とどまる

 

※相手に高齢者がある場合(病気や死去を連想する言葉)
枯れる・朽ちる・衰える・死ぬ・倒れる・死・四・苦・苦しむ・悲しむ・くだける・色あせる・漏れる・すたる

 

※相手が開店・開業・新築祝いしたばかりなら(衰運や災害を連想する言葉)
つぶれる・倒れる・流れる・衰える・消える・壊れる・燃える・火・煙・閉じる・枯れる・失う・崩れる・汚れる・灰・閉じる・逃げる

 

※相手が重い病気を経験した場合など(繰り返しを連想する言葉)
再び・重ねる・また・追う・繰り返す・返すがえす・たびたび・重ねがさね・たたり


いやはや、賀状もなにかとたいへんではあります。^^;)

 

●関連情報>>年始

 

基本文例

■会社の上司など改まった関係の場合の文例
(礼儀を重んじた文面とします。少々堅めのほうが良いでしょう。あまり大げさな表現になると慇懃無礼な感じになりますので注意しましょう。「自然に改まった年頭のご挨拶」という感じで)

新春のお喜びを申し上げます。
旧年中は何かとご指導をいただき、厚く御礼申し上げます。
営業部に配属されまして、今年で三年目を迎えます。
営業マンとして、ようやく仕事のやりがいや楽しさがわかってまいりました。
本年もまた、変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

■先輩などちょっと目上の人への文例
(普段の言葉使いの中にも軽く相手をたてる気持ちが感じられる文面が良いでしょう。あまりかしこまらず、そうでいて失礼にもならず。関係の親密さにもよりますが「親しき仲にも礼儀あり+尊敬の一言」がポイントでしょう)

謹賀新年
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
栄転された先輩の後を任せていただいた例の仕事、なんとか無事に完了できました。
振り返れば、先輩のご配慮あってのおかげと、こころより感謝しています。
なにかと頼りのない後輩ですが、本年もどうぞよろしくご指導のほど、お願いいたします。

 

■仲人や身近な目上の人への文例
(ちょっと改まった文面の中に、近況報告などを添えて、文末には相手の周囲への気遣いなども表すと良いでしょう)

謹んで新年のお喜びを申し上げます。
おかげさまで、昨年誕生の長男一郎をはじめ、家族全員風邪ひとつひくこともなく、元気に暮らしております。
なにかとご指導いただきました一つ一つを忘れずに、家内安全と家庭円満をモットーにこれからも過ごしてまいります。
本年も変わらぬご指導をお願い申し上げますとともに、皆々様のご多幸、ご健康を、心よりお祈り申し上げます。

 

 

■結婚の報告を兼ねた年賀状
(結婚一年目の年賀状の定番は結婚披露宴の写真付きでしょうか。^^)。新生活をスタートさせた二人のさわやかで初々しい雰囲気が読む人にも伝わるようにしたいですね)

謹んで新春のお祝いを申し上げます。
私たちは、昨年十月十日に結婚式をあげ、左記に新居を構えました。
まだまだ未熟者ではありますが、二人で力を合わせ、新しい生活を築いてまいります。
どうぞ、これからも変わらぬご指導と、末永いお付き合いのほどをよろしくお願い申し上げます。

 

<ワンポイント注意;旧姓の添え方は>
妻の旧姓を添え書く場合は、連名にした名前の後に、やや小さめで書きましょう。

 

■親しい人へ
(親しい間柄ではちょっと奇抜な賀状を送るというのも楽しいものですが、やはり「親しき仲にも礼儀あり」を忘れずに書くことが大切ですね)

賀 正
いかがお過ごしですか。
当方昨年は、仕事に追われっぱなしで、あっという間の一年でした。
今年も、仕事の方は相変わらずですが、なんとか間隙をついて、10年来の鉄道全国制覇の目標に少しでも、と思っております。
……
君とそして、ご家族のみなさまにとって、すばらしい一年でありますように、心よりお祈りしております。
今年もよろしく。


*

 


●関連情報>>お歳暮 送料無料