ケモノちゃんモノモノ.5

送料無料商品一覧

「食っちゃ寝食っちゃ寝の怠け者親子の巻:前編」

本名:ぼん
年令:8歳半(推定)
種族:シマリス/オス
後見人:コージ/37歳 *家族は妻キエ(35歳)、息子(幼稚園)

ぼんは、もともとはキエが独身の時に一緒に暮らしはじめたシマリス。だから厳密に 言えば、後見人はキエということになるのだが。その暮らしぶりを見ると、コージが 後見人と言わざるを得ない。。

コージがキエに結婚を申し込んだ時、キエは二つの条件を出した。ひとつは息子(ぼ んのこと)も一緒にお嫁に行くこと、もうひとつは家事に協力を惜しまないこと。当 時は何故だか分からないが結婚したくて仕方がなかったので(コージ本人がこう言っ てます)、二つ返事でOKを出し、まずはつつがなく結婚。がっ、ここからコージの 献身的な日々が始まった。。

ぼん、という名前はその名からも想像できるが「お坊っちゃま」から来ている。昔、 高校生の頃も初代シマリスと暮らし、可愛がっていたキエ。その子が亡くなった時あ まりのショックで落ち込む日々が続き、7〜8年経ってようやくその傷が癒えた頃に 迎えたのがぼんだった。キエにとっては、まさに目に入れても痛くない可愛い息子、 ぼん。前のシマリスの時は生活環境に問題があったのでは?という反省もあり、ぼん にはできるだけ健康で長生きをして欲しいという思いから、当初からぼん中心の生活 がスタート。

まず住環境は、ゲージもあるが基本的には放し飼い。そのためコード類はすべて天井 に這わせ、露出部分はしっかりガード。エアコンはほぼ年中稼働しっぱなしで、ぼん が口にすると危険なもの(ビニールや発砲スチロール等)はリビングに置かない。だ から一見こざっぱりした室内だが、普通の家にあるよーなカーテンもソファも敷物も ない。当初は少しはあったらしいのだが、シマリスはどこにでも潜り込む習性がある ので、次々に穴を開けられて順々に撤去していった結果、このよーなシンプルなリビ ングとなったのであった。また、綿やスポンジが入ってるようなものは、ぼんが食べ て腸閉塞を起こす危険性があるのでクッションや座布団の類いもない。その代わり、 深さ70センチはあるコージも入れる大きなコンテナ状のものがあり、中にはぼんが 潜れるように安全な木のチップが入れられている。これがリビングの主役。。

食生活、コージいわくこれがいちばんの問題だそーで。キエはまったく料理をしない いやできないと言った方がいいのか・・。彼女は食べ物に関しては全く無頓着で、お 腹に入るものなら何でもいいというタイプ(但し甘いものは大好き。特にケーキやプ リンなどの洋菓子系))。結婚当時はキエも勤めており、二人とも忙しい仕事であま り家で食事もしなかった。週末は週末で、たまった洗濯(キエが唯一得意な家事)や 掃除をして、食事は外食というパターン。どうしても白い御飯にお味噌汁、焼き魚の よーな純日本的御飯が食べたい時は、どちらかの家に食べに行ったそうだ(初めて炊 飯器で御飯を炊いたのは結婚後半年以上経った頃、という)。こんなキエだが、買い 物には結構マメに行く。なぜ?それは、もっちろんぼんのためである。ぼんの好物は さくらんぼ(できれば国産高級佐藤錦)にプラム、メロン、マスカットなどの果物、 但し中心に食べるのは種だけど。。その他、ぼんの主食のはと麦やヒエなどは、由緒 正しき無農薬か減農薬のものを探して購入。万事がこの調子なので、ちっとも料理し ない割には食費がものすごくかかる。普通どこの冷蔵庫にでもあるよーなモノ、卵と か牛乳、納豆などはないが、新鮮な果物はいっぱい、というのがここんちの冷蔵庫で ある。

こんな世間一般とはやや異なる、ぼんを中心として回るコージとキエの生活。まだそ の不可思議な暮らしの一端だけで、一回では書ききれないので続きは来週。。


送料無料商品一覧

0;MENUに戻る
1;前
3;次

(C)2012 ちぃ