[ナイスな情報]


-- MENU --

LINEスタンプ 使ってね

ダビング10はコピーワンスの規制をゆるめた新しい著作権対応の機能です

ダビング10は、今まで、放送局がデジタル放送で高品質放送した映画などを高品質のままデジタル録画したものは、コピー・ワンスの機能で1回しかDVDなどに移動録画できない決まりだったものを、10回まで録画を可能にする方式です。

今までのコピーワンスは1回ムーブ(録画移動)に失敗すると、元の録画データまで無くなってしまう可能性があったので、それをダビング10という新しいルールでコピー9回+ムーブ1回までなら他のDVDやブルーレイディスクにダビング録画保存が可能ですよというものです。

普通の家庭で普通にDVDレコーダを利用している人なら10回もダビング録画が出来れば十分でしょう。

なお、10回目のダビングを行なうと、これまでのコピーワンスと同様にムーブ(移動)となり、元のハードディスクから番組は消去されます。

関連商品情報>>デジタルテレビ ポイント



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

ダビング10はダビング10放送をダビング10対応機種で直接録画した場合のみのルール

ダビング10の対象となるのは、ハードディスクを内蔵する各社の録画機で、デジタルチューナー搭載のHDDレコーダー、ブルーレイなどが対象となっています。

また、ダビング10ではコピー・ワンスの場合とは違って、HDDレコーダーからアナログ映像出力(D端子、コンポジット端子、S端子など)を経由して行うコピーは無制限となっていますが、映画などを1度コピーしたDVDやブルーレイディスクから別のDVDやブルーレイディスクへのコピーをすることはデジタル接続でもアナログ接続でもできません。

ダビング10は、放送局がダビング10用の制御信号を入れた番組を放送して、ダビング10に対応したHDD録画機やブルーレイ録画機で直接録画した時だけのルールです。

ケーブルテレビ(CATV)のセットトップボックスとレコーダーをAVケーブルで接続しての録画は「ダビング10」に対応しませんので、「ダビング10」の番組であっても、今までのコピーワンスと同じ、1回だけ録画可能な番組として録画されますのでご注意ください。

WOWOWやスターチャンネルなどの有料放送などでは、今後も1回だけ録画可能という番組の放送形態もあります。

つまり、ダビング10は、デジタル放送による高品質の映画や番組の録画に対して10回だけ高品質のままで複製してもいいですよ。という話ですね。

また、デジタル放送番組のすべてが「ダビング10」で放送されるわけではありませんので、特に「高品質録画と高品質複製」にこだわらない人はあまり気にする必要はないのかもしれませんね。

また、ダビング10にアップデートしても、今までに録画した内容はダビング10対応にはなりません。

もちろんダビング10にアップデートしなくても、今まで通りにコピーワンス対応として従来通り録画できます。

今までのHDDレコーダもソフトウェアのアップデータでダビング10対応にできます

これまでのコピーワンス対応のDVDレコーダーは、ダビング10に対応していないので、録画した番組を2枚以上のDVDにコピーすることはできません。

そこで各社は、過去数年以内の機種について、ソフトウェアのアップデートでダビング10に対応しています。

また、比較的新しい機種をお使いの場合は、地上デジタル放送/BSデジタル放送などのデジタル放送を受信している場合は、自動的にバージョンアップが行われます。

パナソニック、シャープ、東芝、日立、ソニー、パイオニア各社の対応機種やアップデータ用ソフトウェアの情報を下記にご紹介します。

<パナソニック>「ディーガ」対応機種

■2008年度モデル/ブルーレイディーガDMR-BR500/ハイビジョンディーガDMR-XW320、DMR-XW120、DMR-XP12、DMR-XP22V

■2007年度モデル/ブルーレイディーガDMR-BW900、DMR-BW800、DMR-BW700/ハイビジョンディーガ DMR-XW300、DMR-XW100、DMR-XW200V、DMR-XW51、DMR-XW31、DMR-XW41V、 DMR-XP11、DMR-XP21V

■2006年度モデル/ブルーレイディーガDMR-BW200、DMR-BR100/ハイビジョンディーガ
DMR-XW50、DMR-XW30、DMR-XW40V、DMR-XP10、DMR-XP20V

●上記以外の機種につきましては、従来通りコピーワンス。


オンエアーダウンロード放送によるバージョンアップ対応機種

■ブルーレイディーガ/DMR-BW200、DMR-BR100

■ハイビジョンディーガ/DMR-XW51、DMR-XW50、DMR-XW31、DMR-XW30、DMR-XW41V、DMR-XW40V、DMR-XP11、DMR-XP10、DMR-XP21V、DMR-XP20V

■ブルーレイディーガ/DMR-BW900、DMR-BW800、DMR-BW700、DMR-BR500

■ハイビジョンディーガ/DMR-XW320、DMR-XW300、DMR-XW120、DMR-XW100、DMR-XW200V、DMR-XP12、DMR-XP22V

※上記以外の機種は、従来通り「コピーワンス」対応


<シャープ>対応機種

【ブルーレイディスクレコーダー】/BD-HDW30、BD-HDW25、BD-HDW22、BD-HDW20、BD-HDW15

【ハイビジョンレコーダー】/DV-ACW90、DV-ACW85、DV-ACW82、DV-AC82、
DV-ACW80、DV-ACW75、DV-ACW72、DV-AC75、DV-AC72、DV-ACW60、DV-ACW55、DV-ACW52、DV-AC55、DV-AC52、DV-ACV52

※上記以外の機種は、従来通り「コピーワンス」対応


<東芝>対応機種

RD-S601、RD-S301、RD-E301、RD-W301、RD-A301、RD-S502、RD-S302、RD-X7、RD-E302


<ソニー(SONY)>対応機種

デジタルハイビジョンチューナー内蔵 HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー/BDZ-X90、BDZ-L70、BDZ-T70、BDZ-T50、BDZ-V9、BDZ-V7、BDZ-A70、BDZ-T90

デジタルハイビジョンチューナー内蔵 HDD搭載DVDレコーダー/RDZ-D900A、RDZ-D800、RDZ-D700

※上記以外の機種は、従来通りの「コピーワンス」方式


<日立>対応機種

【ハイビジョンテレビ】

Wooo UT 770シリーズ/UT42-XP770B、UT42-XP770W、UT37-XP770B、UT37-XP770W、UT32-WP770B、UT32-WP770W

Wooo 02シリーズ/P50-XR02、P50-HR02、P42-HR02
Wooo 01シリーズ/P60-XR01、P50-XR01、P42-HR01、P37-HR01、L37-XR01、L32-HR01

その他/P42-HR100CS、P37-HR100CS、L32-HR100CS

ハイビジョンテレビのダビング10アップデートは、本体に内蔵されたHDDに録画した番組が「ダビング10」対応となります。iVポケットを利用してiVDR-Sへ直接録画された番組は、バージョンアップ後も従来同様「コピーワンス」のままなので注意。


【ハイビジョンHDD/DVDレコーダ】

Wooo Hシリーズ/DV-DH500VH、DV-DH250VH、DV-DH500H

【BDレコーダ】/DV-BH250

※上記以外の機種は、従来通り「コピーワンス」対応


<パイオニア>対応機種

DVR-WD70

※上記以外の機種は、従来通りの「コピーワンス」方式