LINEスタンプ 使ってね

七五三の髪型・ヘアスタイルは時代を切り取った思い出になりますね

七五三を迎えるお子様がいらっしゃいますか?

男の子ですか?女の子ですか?

そして、お参りのときのファッションや髪型・ヘアスタイルについてちょっと悩んだりしていませんか^^?

七五三は何度も何度もある行事ではありません。

だからこそ、着る着物や袴スーツ、ドレス、髪型・ヘアスタイルなどについてよく考えなければいけませんよね。

また、子供の成長をお祝いする七五三の本来の意味を知っておくのも良いですね。


七五三の由来は、

男女とも3歳になった時に髪の毛をまげに結う「髪置(かみおき)」の儀式

男の子が5歳の時に、正装として袴と小袖を付け、扇子をもって立つ「袴着(ちゃっこ)」の儀式

女の子が7歳の時に本格的な帯を初めて締める「帯解(おびとき)」の儀式

この3つの儀式が元となっています。

今では子供の成長を祝って、11月15日に神社にお参りする七五三ですが、

平安時代からあったそうで、当時は11月15日に限るものでもなかったということです。



関連情報>>七五三 髪飾り

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

洋装と和装では七五三の髪型・ヘアスタイルもかなり違いますね

由来を知ると、ぐんと七五三が神聖な儀式に思えてくるから不思議ですね。

さて、そこで七五三に着るものなどの話です。

男の子は、袴、着物を身に付けた、

昔ながらの風情のスタイルが今でも多いのですが、

最近は、ばりっとしたスーツなどの洋装でまとめる家庭も増えています。

スーツの場合、髪をびしっとフォーマルに決めていたり、

現代風にアレンジしたり、

男の子も女の子に負けないほど、思い切りおしゃれにコーディネイトしています。

そうそう、最近は全身すっぽり「きぐるみ」でお参りするケースも登場しています^^。

 

●見つかるZOU:七五三 きぐるみ

 

もちろん女の子の場合は、圧倒的に着物が多いですね。

綺麗な着物に、派手目に結った髪型・ヘアスタイルが定番なようです。

でも男の子の七五三ファッションように、

フォーマルなドレス姿でお参りする家族も大勢いらっしゃいます。

その際は洋装ですから、ヘアスタイルもだいぶ変わってきますよね。

洋風な中に、伝統的なアクセントを入れるというのもお洒落で良いですね。

ちかごろはたっぷり盛り盛りのヘアアレンジも人気かも^^。

女の子のヘアアレンジと言えば、決め手はやっぱり髪飾り

髪飾りがあるのとないのとでは、印象も全然違います。

髪飾りが映えるヘアアレンジが良いですね。


ところで、着付けなんてどうされていますか?

ご自分でされるには、スーツやドレスなどの洋装ならともかく、

着物や袴なら着付けは大変。

そんな時にはスタジオを使うのが便利です。

例えばスタジオアリス。

ベッキーがデザインした着物やドレスなどがあるところで有名なところですよね。

そこではしっかり着付けもしてくれます。

もちろん髪もきちんと着るものに合わせてセットしてくれます。

衣装はどうされていますか?

持参しますか?それともレンタル?

スタジオアリスには、

500着もの着物であったり袴であったり、スーツであったりドレスであったりがあるので、

せっかくのめでたい祝いごと、レンタルでお子さんにとびっきり似合うものをチョイスしてみるのも良いですね。

もちろん髪飾りもありますよ。

 

●見つかるZOU:格安 ビデオカメラ


LINEスタンプ 使ってね

衣装をレンタルして、着付けもしてもらい、七五三の髪型・ヘアスタイルで記念写真

スタジオアリスでは、レンタルされる方がとても多いそうですよ。

それにレンタルで500着なら、まず、好みに合うものをチョイスできますね。

衣装をレンタルして、着付けもしてもらい、

ヘアスタイルもばっちり決めてもらって、写真を撮れば、

思い切り充実した七五三の思い出の出来上がり。

子供だけでなく親としても、なんだか考えるだけでわくわくしてきますね。

やがて時は経ち、子供も成長してゆくことでしょう。

そんな時に、七五三の写真ってとても良い思い出の品となるんです。

成長されたお子さんと、写真を見ながら当時を振り返るもよし、

写真を拡大して額に入れ、飾っておいても一生ものの思い出になって良いですね。

七五三において、着物などの着るものも目を引きますが、

やはり一番ポイントになるのは髪型・ヘアスタイルです。

今は形式だけにこだわる必要はないのですから、

色々なおしゃれが楽しめますよね。

きちんと七五三の由来を知って、それを現代の子供達に受け継がせる。

写真として残る七五三ですから、その時の流行をおしゃれに取り入れておくと、

後々になって、

髪型などから時代を思い起こせるような楽しみ方が出来るかもしれません。

「あの時はこの髪型が流行ってたのよ」なんて^^。



●見つかるZOU:七五三 記念撮影



七五三。お母さんやお父さんの服装は、着物?ワンピース?スーツ?

さて、主役の子供たちの服装やファッションばかりに気を取られて、

お参りに同行する大人たちの事を忘れてはいませんか^^?

お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん。

特に、お母さん・お父さんの服装にはより気をつけたいところですね。

七五三は家族の歴史の中でも数少ない記念イベント、

日本の良き伝統を共に過ごし写真やムービーに残すのですから、

そこはしっかり母として、親として、素敵な時間に仕上げたいものです。

 

で、服装ですが、和装にしろ、洋装にしろ、

基本的には、清潔感があり、あまり派手でない服装であれば大丈夫。

和装の場合は、訪問着、色無地、付け下げなどを選ぶことになります。

(私も派手にとかって、在りし日の振り袖姿とか、やめてくださいね^^;)

洋装なら、入園式や入学式などの際にも着ることができる、

落ち着いたワンピースや、フォーマルなスーツが良いでしょうね。

お父さんは、たいていはスーツということになると思いますが、

ここは、レンタルでも良いので、羽織と袴で挑む^^。

というのもありですね。

普段、そんな格好をすることはほぼありませんので、

日本伝統の儀式七五三の超素敵な思い出として、

記念撮影だけでも、そんな姿の父親像を残しておくのは素晴らしいことだと思います^^



●見つかるZOU:七五三 母 着物

●見つかるZOU:七五三 羽織袴




[スポンサード リンク]



-- MENU --